SCROLL DOWN

アイグランは「園とスタッフを守る園長」を
フォローする体制がしっかり機能しています。

あい保育園 日本橋 園長松浦 有花子Yukako Matsuura

  • 私のキャリア

    専門学校卒業と同時に千葉県内の保育園に就職。その後結婚、出産に伴い一度は保育士の仕事から離れるも、子育てが一段落した頃から保育士を再スタートし、2013年にアイグランに転職しました。病気のため、一度退職しましたが翌年の3月に同じ園にて再開。その後、主任になり現在は「あい保育園日本橋」の園長を勤めています。自分でも予想外のキャリア展開となりました。

  • なぜアイグランを

    「未来に貢献できる企業でありたい」という企業理念、また「正確性と相手の立場に立って思いやる心」という言葉に強く惹かれました。"あったかい保育"を自分の保育目標に掲げてきた私にとって、この会社でなら実現できると思いました。また、リトミックの導入や、食育に対する取り組みも強く共感できるものでした。

  • 仕事の醍醐味

    まず、大事なお子さんをお預かりし、その命と安全・健康をしっかり守ること。保護者様に寄り添い、一緒に子供の成長を喜ぶことができること。子供が日々成長するのと同じように、スタッフも私も成長できる。そのこと自体が醍醐味と言えます。

  • 印象に残るエピソード

    先日、「もしかしたら、松浦先生じゃありませんか?」と街で声をかけられました。話を聞くとその子は以前働いていた保育園での教え子で、現在、保育士を目指して、保育の専門学校に通っているとのことでした。自分で言うのは恥ずかしいのですが、「松浦先生のような保育士になりたくて…」と言ってもらえて、保育士になって良かったと思える出来事でした。

  • あい保育園 日本橋 園長 松浦有花子
  • あい保育園 日本橋 園長 松浦有花子
  • あい保育園 日本橋 園長 松浦有花子
  • 働く場としての魅力

    十数名の小さな組織ですが、園長として時に迷い、悩み、孤独になることがあります。ましてや、リーダー経験の乏しい私は、園長就任時、不安で一杯でした。しかし、アイグランにはエリアマネージャーの存在があり、園長が抱える組織運営から個人的な悩みまで親身に対応してくれます。また、園長同士も気軽にご相談が出来る為、心強いです。会社として「園とスタッフを守る園長」をフォローする体制がしっかりしていることが、魅力だと実感しています。

  • 今後の目標

    日々の業務の中にある課題をひとつずつ改善しながら、子供たちの笑顔を守っていくと共に、保護者様に「あい保育園に通わせてよかった。」と感じて頂きたいです。その為に、何ができるかを職員全員が考えていくことを大切にし、日々あったかい保育園を目指しています。頑張ってくれている職員に感謝し、寄り添いよき相談相手でありたいと思います。そのためにも、まずは私自身が常に笑顔を忘れず関わっていきます。

  • あい保育園 日本橋 園長 松浦有花子
  • あい保育園 日本橋 園長 松浦有花子
  • あい保育園 日本橋 園長 松浦有花子