SCROLL DOWN

新規開園スタッフとして地元から東京へ。
機会に恵まれた環境で、保育士として成長したい

あい保育園 赤羽橋天尾 大祐Daisuke Amao

  • キャリアの軌跡

    新卒で島根県の私立認可保育園で2年間働いていました。その後、院内保育園の存在を知り、保育士としての知見を広げるためにアイグランの院内保育園に転職しました。その後、東京で認可保育園のオープニングスタッフを募集していることを知り、前職場での経験も活かせるのではと思い、東京への転勤を決意しました。現在は幼児クラスで主担任を任され日々奮闘しています。

  • なぜアイグランへ

    子どもが楽しく安心して過ごせることはもちろんですが、自分の力で何かを成し遂げる喜びや充実感を教えることが、保育士としての私の理想です。アイグランが保育理念として掲げる「私たちは子どもたちに自分の夢を自分で実現できる子になってほしいと願っています」という言葉に強く共感しました。この保育理念のもと子どもたちと一緒に成長したいと思ったことが入社を決めた理由です。

  • 仕事の醍醐味

    子どもたちの成長を身近に感じられること、保護者様とともに成長を喜び合えることがこの仕事のなによりの醍醐味だと思います。子どもたちは毎日違う姿を見せてくれます。子どもたちの変化に合わせて、日々柔軟に保育の形を変えながら自分の保育を磨いています。自分の保育に対する反応が子どもたちからダイレクトに返ってくることも、やりがいに繋がっています。

  • 印象に残るエピソード

    ご両親がともに外国の方で、日本語を話せない子がいました。初めは意思疎通も上手くいかず保護者様も不安に思っていましたが、日に日にコミュニケーションが取れるようになりました。卒園時に「文化や言語も違うのに、こんなに良くしてくれて本当にありがとう」という手紙を頂いた時の喜びは、忘れられません。一人ひとりの子どもを思い、保育に取り組むことの大切さを感じました。

  • あい保育園 赤羽橋 天尾大祐
  • あい保育園 赤羽橋 天尾大祐
  • あい保育園 赤羽橋 天尾大祐
  • 大切にしていること

    私が最も大切にしているのは、人との繋がりです。地元の島根から単身上京したことで、改めて人との繋がりの大切さを再認識しました。同僚はもちろん、保育という仕事柄、子どもや保護者様との人間関係はとても大切になります。普段の挨拶などていねいなコミュニケーションを心がけ、保護者様や子どもたちとの信頼関係や、同僚との連携が深まるように努めています。

  • オフタイム

    基本的にはインドア派ですが、上京してからは外に出かけることが増えました。少し足を伸ばすだけでも地元にはない珍しいお店に出会えたりと、新たな発見も多く、良い息抜きになります。また、職場の同僚も私と同じく地方出身者が多いので、一緒に食事に出かけることもあります。仕事の話だけでなく、似た境遇の仲間同士共通の話題も多く、楽しい時間を過ごしています。

  • 今後の目標

    短期的な目標は、保育の知識や力を伸ばすことです。現在は3〜5歳児クラスの担任をしているので、0〜2歳児の保育についてはまだまだ知識も経験も足りません。他の職員から話を聞いたり、合同保育のときに積極的に小さな子どもたちと関わりを持つようにして、日々勉強中しています。アイグランでキャリアアップし、いずれは園長として保育園の運営に携わってみたいです。

  • 保育士を目指す皆さんへ

    今まで一度も東京に来たことさえなかった私にとって、転勤と上京はとても大きな決断でした。しかし、園の立ち上げという貴重な体験や、助け合える同僚にも恵まれて、充実感を味わいながら働くことができています。自分の頑張り次第でステップアップできるアイグランは、多くのチャンスをつかめる環境だと思います。ここで一緒に頑張ってくださる方を、心よりお待ちしています。

  • あい保育園 赤羽橋 天尾大祐
  • あい保育園 赤羽橋 天尾大祐
  • あい保育園 赤羽橋 天尾大祐